CLASSICO MANARA

ニュース&イベント

有名なイタリアのエロティック漫画雑誌アーティストのミロ・マナラと伝説的なウォッチメーカーのユリス・ナルダンが協力し、10本の魅惑的なエロティックウォッチのシリーズを製作しました。

ミロ・マナラのエロティックな時計は、人魚と女性が時間を超越した想像上の海で出逢って恋に落ち、愛し合うという願いを込めたおとぎ話の深い海の中へと誘います。マナラのイラストにたびたび登場する、美しい女性と神話上の人魚との水中での出逢いの図画をもとにした時計は、ほかとは無関係に存在する唯一無二のタイムレスな一瞬一瞬から成る芸術作品になっています。ユリス・ナルダンは、150年にわたる時計製造で培った知識と経験をもとにマイクロペインティング技術を駆使し、2019年1月にジュネーブで開催されるSIHHで初めて公開されるシリーズの10種類の文字盤上に、マナラが作るストーリーを入れました。時間から解放された人魚とサメが自由に泳ぎ回る水中の世界で、10話の中から1話ずつ物語が展開するという独特の文字盤は、現実の女性と空想上の人魚とのラブストーリーを詳しく物語っており、見た目も華やかです。愛のストーリーは、時を刻まない波の中で繰り広げられます。

「エロチシズムの中には永遠があるからこそ、時計は特にこのテーマに向いています」とミロ・マナラは解説しています。

人魚と人間が出逢い、遠くのサメが見守る中、大切に関係を築きます。ユリシーズのホメロスの古典作品に登場するセイレンのように、マナラの人魚は若い女性を魅了し、官能的に彼女を抱きしめます。各場面は時が消える瞬間であり、海洋の波の中で静かに揺れ動くのに合わせて愛を深めていくのです。

「私はこれらの10種類の絵のすべてを一緒にテーマに取り込まなければならなかったのですが、それぞれの独立性を重んじたため、ほかのものを混在させずに、ひとつひとつを仕上げました」とミロ・マナラはイタリアのバルポリチェッラにある彼の工房で説明してくれました。「これは単独のストーリーではなく、2人の登場人物(時を超越した女性と人魚)をベースとした共通のつながりがあります。」

北イタリア生まれのマナラは、50年以上に渡りグラフィックイラストレーターとして活躍してきました。彼は画家として従来の修行を積み、自分自身のスタイルを確立する前に、ルーベンス、カラバッジオ、デ・キリコの作品を学びました。このウォッチのシリーズについては、マナラが普遍的なテーマ―エロティックな愛―を選び、自分自身のタイムフレームの中に存在するキャラクターを作り上げました。

「これらの女性たちが理想を表していることは間違いありません。ギリシャの古典主義やルネッサンスに目を向けると、物理モデルの形態が数世紀にわたって変遷していることが分かります。私の作品は理想のモデルを連続的に再解釈したものなのです。」

マナラはこれらのイラストをシリーズで10種類描き、それをユリス・ナルダンがマイクロペインティング技術で再現しました。スイスの山に囲まれた高台にあるル・ロックルに構えたユリス・ナルダン本社で、熟練の技術者が約50時間をかけて、オリジナル版の水彩画よりもおよそ10倍狭い文字盤の表面にマナラの絵を縮小する作業を行いました。ミニチュア版で描かれた芸術品は、細部まで実に完璧な仕上がりです。官能的なディテールには色のエクスプロージョンが広がります。海のディープブルーからコーラルカラーのバリアリーフに、果ては水面のさざ波の非常に細かい部分や人魚の唇や宝石の色まで、すべて手作業により、まつ毛1本分の幅のブラシを使ってペイントされています。忍耐力が勝負の作業です。マナラのエロティックな場面の美しさを引き立てるため、アクリル絵の具で描いた面にトップコートとしてラッカーを塗布し、マナラの芸術作品の光と気高さを反映させました。ポリッシュ仕上げのステンレススティール製のこれらのミロ・マナラ スペシャルエディションも、ローズゴールド製となる予定です。絵画1作品につきステンレススティール製モデル10本、ローズゴールド製モデル10本の製造を予定しており、合計わずか200本の限定シリーズとなります。

自社製UN-320搭載の自動巻きムーブメントで駆動し、シリシウムを使用する技術でリズムを刻みます。これは、ユリス・ナルダンが数十年の歳月をかけてマスターしたテクノロジーで、文字盤に絵のためのスペースを最大限に生み出すため、時表示と分表示のみを表示するスタイルです。各ウォッチのフェイスの主役を絵にするため、針は控えめにあしらわれています。40mmのこれらのクラシコ マナラには、マナラが指定した色調に合わせてダークブルーのアリゲーターストラップをあわせる予定です。ユリス・ナルダンからのスペシャルギフトとして、ウォッチ1点のご購入につき、オリジナルナンバーとミロ・マナラのサインが入った複製画を贈呈いたします。