エグゼクティブ トゥールビヨン スケルトン “フリーホイール”

ニュース&イベント

最新式のクリスタルの下で浮遊する部品ユリス・ナルダン史上最高の革新技術が時計製造の常識を覆します。

ホワイトゴールドまたはローズゴールドの華やかな美しさに、重力に抗う最新のムーブメント、研究開発に数か月を費やした革新的なボックスドーム型サファイヤ クリスタル。「エグゼクティブ トゥールビヨン スケルトン “フリーホイール”」は、現代の時計製造技術とテクノロジーが成し得ることすべての期待を超えた傑作です。

ローズゴールドモデルの文字盤はモダンな印象の44mmサイズで、スレートから切り出したようなダークストーンカラー。ホワイトゴールドモデルは、光沢のあるブラックのハニカムグリッドが特徴です。

このモデルの最大の特徴は、文字盤のトゥールビヨンブリッジと4時位置のパワーリザーブ表示(7日間)です。いずれもブーメランのような形状で、宙に浮いているようなアレンジが圧巻です。こうした“スケルトン仕様”の部品に加えて、時針、分針、美しいギアトレインも眺めることができます。

一方で、“宙を舞う”部品を収めるボックスドーム型サファイヤ クリスタルもこのタイムピースならではのもの。構造の複雑さや仕上げ、とりわけボックスのアングルを決める研磨は非常に難しく、長期間に及ぶ試行錯誤の結晶であることは言うまでもありません。ケースバックにもサファイヤ クリスタルを使用していますが、内側から何も見えません。なぜなら、このタイムピースは時計製造の慣例を覆し、精巧なパーツのすべてを文字盤側から見えるようにしているからです。

この美しいタイムピースの原動力となる機械式ムーブメントには最新のUN-176を採用。このムーブメントもまた、ラ・ショー・ド・フォンの工房で一貫製造されていたものです。フライングトゥールビヨンは、従来のスイス式レバー脱進機に代わる最先端テクノロジーのユリスアンカー脱進機を採用し、さらにはメタルや人工ルビーに代えてユリス・ナルダンを代表する低摩擦性シリシウムを使用しています。

ストラップはマットなアリゲーターの“カーボンレザー”を使用。極めてしなやかで、シルクのような肌触りが特徴です。

ユリス・ナルダンの他のトゥールビヨンモデルとは異なり、「エグゼクティブ トゥールビヨン スケルトン “フリーホイール”」は限定モデルではありませんが、初回販売数には限りがあります。圧倒的な美しさと真の驚異的な革新技術を兼ね備えたタイムピースは、最先端のテクノロジーとデザインを堪能したいという方に最適なモデルです。