Marine Annual Calendar Chronograph

ニュース&イベント

驚異的な機械的精度と高性能を誇る、エレガントなグラン・フー ダイヤルが際立つ「マリーン アニュアルカレンダー クロノグラフ」が誕生しました。

「マリーン アニュアルカレンダー クロノグラフ」が、ユリス・ナルダンのマリーンウォッチの象徴的なコレクションに加わる事を歓迎します。技術的な特徴は、アニュアルカレンダー機能と精密なクロノグラフを駆動するUN-153キャリバーに表れています。芸術性は、グラン・フー エナメル文字盤で表現されています。ユリス・ナルダンのエナメルの専門家、ドンツェ・カドランによって制作されたこのエナメルの美しく淡い乳白色は、困難を伴う芸術制作の過程から生まれました。17世紀にまで歴史を遡るグラン・フー エナメルの技術は習得が難しく、収集家達に非常に高く評価されています。

そのエレガントな美しさは、2つのカウンターのクロノグラフを備え、洗練されたダイヤルによって際立っています。このシンプルなデザインは、スイスの時計メーカーの歴史的なクロノグラフのいくつかで使用され、オリジナルの「マリーンコレクション」のDNAを受け継いでいます。9時の「月」のカウンターはスモールセコンドと組み合わされ、クロノグラフの30分カウンターは3時位置に配置されています。6時位置の日付は優れたクイックセット機能を備えており、前後に簡単に調整することができます。

 

Marine Annual Calendar Chronograph

「マリーンコレクション」の特徴は、歴史的なカテドラル針やロゴ、そして細いローマンインデックスでも明らかです。このエディションでは全体的に青で彩られており、繊細な白のグラン・フー エナメルダイヤルと対照的に洗練されたスタイルに仕上げられています。また、日付の上に「quantièmeannuel」、または「annual calendar」と記されています。

いくつかの機能が「融合」したアニュアルカレンダーは、実際には驚くほど操作しやすくなっています。この時計は、時計製造における複雑な問題をシンプルに解決することを追求してきたユリス・ナルダンを象徴しています。この追求の成果であるアニュアルカレンダーは、息をのむようなシンプルさで、機械的な解決策を提供します。シンプルで操作性に優れ、前後に調整可能なこの機能は、機能性のイノベーションを明らかにしています。

自動巻きクロノグラフとアニュアルカレンダーは、52時間のパワーリザーブを誇るキャリバーUN-153のムーブメントにより駆動しています。ムーブメントには自社内で製造されたシリシウム製ヒゲゼンマイや脱進機が搭載されており、ユリス・ナルダン証明書によりその精度と品質が証明されています。

Quantieme Annuel Marine Annual Calendar Chronograph

以前のマリーン クロノメーター マニュファクチュール(2012)とマリーン クロノグラフ マニュファクチュール(2013)の価値ある継承者である「マリーン アニュアルカレンダー クロノグラフ」は、同じクラシカルな特徴を備えています。これにはベゼルのデザインや、100mまでの防水性を保証するねじ込み式リューズ、優れた視認性を誇る直径43mmの大型ケースが含まれます。ブルーのアリゲーターストラップは、リューズのラバーとエレガントに調和しています。

マリーン アニュアルカレンダー クロノグラフは、ル・ロックルの製造の3つの基本要素である「自社生産」、「技術的な先進性」、そして「稀少な芸術性」を兼ね備えた1つの素晴らしい計時器なのです。