THE NEW DIVER CHRONOMETER

ニュース&イベント

ユリス・ナルダンの新作「ダイバー クロノメーター」コレクション、モナコ・ヨットショーで鮮烈にデビュー

最高潮を迎えるモナコ・ヨットショーで、ユリス・ナルダンの「ダイバー クロノメーター」コレクションから4つの新作モデルが発表されました自由な精神を重んじる人々の間で高く支持される「ダイバー クロノメーター」は内側も外側の斬新かつコンテンポラリーで、人目を引くデザインが特徴的です。このたび、ディープブルーとオールブラックに加えて、ダイバー グレート ホワイトモナコ リミテッドエディションがコレクションに新たに加わりました。堅牢かつエレガントなタイムピースはモナコ・ヨットショー 2018に集結したユリス・ナルダンの愛好家たちによって発表され、ダイバーズウォッチにおける刺激に満ちた新たな冒険へのカウントダウンが始まります。

選ばれし星の下に新たに現れた新星、「ダイバー クロノメーター」は機能美と大胆なデザインの融合を再定義するコレクションです。このタイムピースは水深300m、すなわち命に関わる危険性がある水圧にも耐えうるように設計されたダイバーズウォッチであり、なかでもドーム型サファイヤ クリスタル付きコンケイブベゼルは時計製造における革新と呼んでも過言ではありません。44mmケースには、ユリス・ナルダンが得意とするシリシウム技術を採用したUN-118 ムーブメントを搭載し、オープンケースバックからはその驚異的な機械美を眺めることができます。また、インデックスと針にはスーパールミノバを施すことで、暗闇の中でだけでなく、深海でも視認性を確保します。文字盤には12時位置にパワーリザーブ表示を、6時位置に日付表示とスモールセコンドを設け、そのすべてを包み込むように逆回転防止ベゼルがあしらわれています。

また、ベゼルには0、15、30、45の数字があしらわれています。「ダイバー」のラバーストップとチタン製ストラップはクラスプの代わりにピンバックル(尾錠)を採用し、一目でそれとわかるユリス・ナルダンならではの“要素”を共通して備えています。また、頑丈なブルーのラバー製ガードがリューズを保護しています。           

ユリス・ナルダンのアンバサダーを務めるフリーダイバーのフレッド・ビュイルは、自らの冒険のパートナーとしてユリス・ナルダンの製品を携える理由を次のように語っています。「フリーダイビング最大の利点は、装備が少ないことです。私自身、海に入るときには、ウェットスーツとダイバーズウォッチ、フィン、マスク、そして撮影機材しか持ち込みません。その中でも、ダイバーズウォッチはフリーダイバーに欠かせない重要な装備品です。フリーダイビングの最中は、時間と特別な関係にあります。時に時間は早く過ぎ、時には遅く、まるで止まっているかのように感じることもあるのです。時計は重要なパートナーであり、私がいつもユリス・ ナルダンのダイバーズウォッチを身に着けているのはそのためです。水中で時間の経過を把握する手段は、時計しかありません。なかでも機械式時計であれば、拠点から離れた場所を探検している時でも電池が切れてしまうことを心配する必要もありません。

ユリス・ナルダンと海の関係は非常に深いものです。1846年以来、革新的な時計製造のパイオニアとして広く評価されているユリス・ナルダンが最初にその名を知られるようになったのは、比類なき精度と信頼性を誇る自社製マリーンクロノメーターを誕生させたことによります。マリーンクロノメーターは、船員が天文航法を利用して経度を算出する際に不可欠な航法計器です。ユリス・ナルダンはダイバーズウォッチを継続的に拡充することで、海と密接な絆を持つ時計ブランドとして自らの地位を再確認します。

ダイバー クロノメーター グレート ホワイト

ケースバックにホオジロザメが刻印されたダイバー グレート ホワイトは、ユリス・ナルダンの哲学を体現するモデルです。海の王であるホオジロザメは隠密性や強さ、戦略の象徴であり、ダイバー グレート ホワイトは陸上や水中を探検する現代の冒険家たちのそれを象徴しています。ダイバー グレート ホワイトは、300本限定です。

ダイバー クロノメーター モナコ リミテッド エディション

 一目でそれとわかるほど印象的なモナコ リミテッド エディションは新しく考案されたデザインが特徴で、12時位置にモナコ公国の国旗があしらわれています。独創的なカレンダーディスクは、モナコ・ヨットショーを直接的に示唆する要素を備えています。赤いカラーリングが施された26と27、28、29の4つの数字は、フレンチリビエラと呼ばれるモナコのエルキュール港を舞台に開催されるモナコ・ヨットショー 2018の開催期間を示すものです。また、ケースバックには、MYSのロゴが控えめに刻印されています。

原文では"29 and 29"となっていますが、文脈から"28 and 29"の誤植であると判断しています。