ユリス・ナルダンではご購入いただいた新品の時計の保証期間を5年に延長することができます。

保証の延長はこちらから 閉じる

「フリークは、過去20年の間に時計製造に革命をもたらした10の時計のうちの1つである
ニューヨークタイムズ紙

シートベルトを締めて衝撃波に備えて下さい。

史的なフリーク コレクションが、新たな軌道に乗りました。ユリス・ナルダンは強力な太陽風に後押 しされ、宇宙の最も輝かしい星々にインスピレーションを得て、このフリークの新解釈を生み出しました。 この先駆的な新作は、一見するとツインリアクターを備えた宇宙船のようです。この時計は、決して疑う ことを知らない人たち、夢を実現するために人里離れた場所に向かう人たち、言い換えると「ビューティ フル・フリーク」と呼ばれる人々の手首を最高に飾ります。アバンギャルドな時計デザインでありながら 現代のラグジュアリーを的確に表現しました。

freak S 1

「ロスの『オデュッセイア』の主人公が多くの未知の土地を訪れたように、私たちユリス・ナルダンは科学 が提供するあらゆる道を探求し、計時機器の精度と機能性を常に向上させ続けているのです。」
」ユリス・ ナルダンCEO、パトリック・プルニエは述べます

Freak S 2


ブランド初の自動巻きディファレンシャル・ダブルテンプ

UNマニュファクチュールの開発チームは愛好家を驚かせるために、従来の巻 上げ方式の2倍の効率を持つ「グラインダー」システムを用いブランド初の 自動巻きディファレンシャル・ダブルテンプを設計し実現しました。フリー クSは、2018年発表のフリーク ビジョンの技術的拡張であ

“ダブルトラブル”!

ユリス・ナルダンのテクニカルチームは、フリーク・コレクションにもともと備わってい る立体的な効果を極限まで高めることに成功しました。フリークSの傾斜したダブルオシ レーターは、新しいUN-251マニュファクチュールムーブメントの主要な特徴であり、今 回初めて搭載しました。2つのXXLサイズのシリシウム製テンプは、まるで2つの発射台の 上にあるかのように、それぞれ異なる平面上に配置し、この作品の景観をより美しくして います。20度傾斜した2つの平面上に組み立てられたインカブロック付きの2つの大型テ ンプは、ロケットの翼を模したローズゴールド製のブリッジで連結しています。2つの ターボプロップエンジンのように見える双子型のテンプは、それぞれ2.5Hzの周波数で時 を刻む様子を表現し、このタイムピースの立体感と宇宙へのインスピレーションをさらに 強めています。宇宙船を思わせる外観に加え、傾斜型ダブルオシレーターとそのディファ レンシャル機構は、ムーブメントの回転速度をより正確に調整することができる驚異的な 技術です。

Freak S 3
Freak S 4

ダイヤモンシル・テクノロジー

2001年に初代フリークに時計業界で初めてシリシウムを使用したユリ ス・ナルダンは、シリシウムと合成ダイヤモンドを組み合わせた革新 的パイオニアの表面処理加工技術、ダイヤモンシル(DiamonSIL2009 年特許取得)も発表しています。フリークSの脱進機のシリシウム部 品は人工ダイヤモンドの層でコーティングし、その性能と耐摩耗性、 そして時計にかかる年間数百万回の衝撃に対する耐性を最適化してい ます。このプロセスは、ユリス・ナルダンが過去20年間に導入した主 要な技術革新の一つです。ユリス・ナルダンがスイス、シオンのシガ テック社と共同で開発したダイヤモンシルのプラズマ技術は、2007年 以来、ブランドのサヴォアフェールを象徴する技術の一つとなってい ます。この独自の技術は現在、フリークSのほかブランドのフラッグ シップ・ムーブメントであるUN-118に採用しています。

オートマティック・ロケット

「グラインダー」自動巻き巻き上げシステムは、フリーク ビジョンに搭載していたもので、今 回大幅に改良しました。グラインダーは、従来の自動巻きシステムに比べエネルギー伝達効率 が2倍となるため、効率的な巻き上げが可能です。手首のわずかな動きを利用します。振動錘 は4枚のブレードを搭載したフレームに接続しており、これにより自動巻き上げシステムの角 速度が2倍になります(2ペダルの代わりに4ペダルを装着した自転車のようなものです)。ま た、柔軟なガイド機構により、摩擦を大幅に低減しています。

Freak S 5
Freak S 6

恒星間航行船

星が宇宙の中にランダムに分布しているように見えるように、深い黒の鉱物の装飾板に金色の 粒子がきらめく繊細な装飾は「偶然」ではありません・・・アベンチュリンのきらめきの効果 は、ロケットの発射台装置のように「フリークS」に星の夜のきらめきを与えています。アベ ンチュリンにまつわる伝説によると、13世紀ごろ有名なガラス職人の故郷であるベネチアのム ラーノ島で、職人が偶然に溶けたガラスの鍋に銅片を落とし、イタリア語で「aventurina」「 偶然に」という意味のアベンチュリンガラスを作り出したと言われています。ブラックのアベ ンチュリンディスクはインデックスの下で回転し、ユリス・ナルダンのロゴがきらめく装飾の 通過に吸い込まれるように、控えめに隠れたりします。

WeChatDesktop WeChatMobile