ユリス・ナルダンではご購入いただいた新品の時計の保証期間を5年に延長することができます。

保証の延長はこちらから 閉じる

Freak X aventurine (JP)

« フリーク Xは、フリークビジョンの卓越した技術特性を体現したハイエンドのタイムピースです。 若々しく現代的な空気に彩られた逸品が、時間表示の概念を一掃します。 »
Patrick Pruniaux.

2001年のことでした。時計製造は180年前にレピーヌ氏が発明した自身の名を冠したムーブメントの構造盤に今も依存しています。1845年、アドリアン・フィリップはかさばる巻き上げ鍵に代わるものとして、リューズを発明しました。そして、ユリス・ナルダンはそれらすべてを投げ出して「フリーク」を構想したのでした......!   それから18年後の2019年、ユリス・ナルダンは、非常に洗練されたカルーセルで初代フリークの探求心を保持するという利点を持つ「フリークX」を生み出しました。こうしてフリークXは、右側に巻上げリューズを装備した最初のフリークとなりました。2022年のWatches and Wondersでは、ユリス・ナルダンは深淵から宇宙への垂直の旅(バーティカル・オデッセイ)を続け、このフリークXにブルーアベンチュリンの装飾を施した輝く「フリークX アベンチュリン」を提案します。

freak x Aventurine 1

「ロスの『オデュッセイア』の主人公が多くの未知の土地を訪れたように、私たちユリス・ナルダンは科学 が提供するあらゆる道を探求し、計時機器の精度と機能性を常に向上させ続けているのです。」
」ユリス・ ナルダンCEO、パトリック・プルニエは述べます

freak x Aventurine  2


まるで天球の破片のように、無限に小さく輝く粒子の銀河が、新しいFreak Xをエレガントに飾ります。その輝きは、船乗りが満月の夜の暗闇の中で観察する海面のようなものです。海の表面は、常にその奥深くにある秘密を知る手がかりを与えてくれます。アベンチュリンは、私たちを旅に誘うのに理想的な素材なのです。   星は宇宙に無造作に散らばっているように見えるけれど「偶然 」ではありません。アベンチュリンにまつわる伝説は、13世紀ガラス職人の故郷で有名なベネチアのムラーノ島で職人が誤って溶けたガラスの鍋に銅の粉を落としてしまい、イタリア語で「偶然に」という意味の「アベンチュリンガラス」が誕生したと言われています。

フリーク X アベンチュリンは、シリシウム製のテンプ、アンクル、脱進機を搭載しています。洗練されたデザインを強調しながらも、この43mmの時計はフリークの先代モデルの血統を完璧に受け継ぎました。基幹のキャリバーUN-118とUN-250(フリーク ビジョン)を組み合わせたこのキャリバーは、1時間に1回転して時刻を示すカルーセル式ムーブメントです。このカルーセルは、ムーブメントを装飾するアベンチュリンプレートの上を一周する分針の役割を果たします。

freak x Aventurine  3
freak x Aventurine  3

内部ではニッケル製の慣性モーメントブロックが付いた超軽量かつ大型のシリシウム製テンプが3Hzで振動しているのがはっきりと見えます。ブルーPVDチタンと5Nローズゴールドのケースは、緩やかな丸みを帯びた独特の外観をしています。フリークX アベンチュリンには、ライトグレイの「points de bride ポワン・ド・ブリッド」ステッチを施したブルーのアリゲーターストラップと、ブルーPVDチタンと5Nローズゴールドのフォールディングバックルを装備しています。まるで空から降ってきたようなこのモデルは、99本の限定生産です。

<

2022年新モデル

新しいタイムピースをクリエイトすること、タイムピースに対するメゾンのビジョンを定義すること - ユリス・ナルダンがたゆまず目指し続けるゴールです。

詳細を見る
WeChatDesktop WeChatMobile