オート・オルロジュリー 新しい形

ユリス・ナルダンは、スイスのル・ロックルを拠点とする独立系マニュファクチュールで、1846年から、卓越した技術力と時計製造への型破りなアプローチにより、時計のエンジニアリングとデザインの限界をたえず押し広げてきました。

そしてフリークが始まった

今年のWatches and Wonders Genevaで、独立系統合型メゾン ユリス・ナルダンは、フリークの物語における次の章、型破りでありながら伝統的でもある「フリーク S ノマド」を紹介します。 ブランドの独立精神と、限界を押し広げて新しい領域を開拓しようという探求心を反映しています。

ディスカバーナウ

フリークの誕生

この「フリーク」は、現代的な時計芸術と最先端の機械的専門技術を駆使し、長年培ってきた時計製造のノウハウが凝縮された作品です。その型破りなデザインと革新的な技術部品により、フリークは時計製造のあらゆる常識を打ち破りました。

ディスカバーナウ

UFO最終版

ユリス・ナルダンの未来のマリンクロノメーター「UFO」が、パートナーであるアワーグラス、ブヘラ、ヨシダとともに、シャンパン、アイスブルー、グリーンの3つの限定エディションで最後の復活を遂げます。

ディスカバーナウ

ル・ロックルで作られたタイムピース

ユリス・ナルダンは、時間の限界を押し広げ、何が可能で何が不可能かというルールを再発明する旅に出たのです。

シリコン
エナメル
サヴォアフェール(ノウハウ)
Haute horlogerie

シリコン

2001年、象徴的なフリークの登場によって技術革命がもたらされました。シリコンは、タイムピースの耐久性や精度を大幅に向上させる素材です。

ディスカバーナウ

エナメル

エナメル加工は、伝統的な装飾技法の一つです。一握りの職人しか習得できない、この希少で代々受け継がれてきたメティエダールを永続させることで、私たちはユニークなタイムピースを作ることができます。プレステージとエクスクルーシブの代名詞とも言えるエナメルは、特別な時計にのみ使用されるものです。

ディスカバーナウ

サヴォアフェール(ノウハウ)

ユリス・ナルダンは、スイスの最も総合的なマニュファクチュールの1つです。私たちが生み出す製品の根幹には、純粋なノウハウと技術革新への限りない情熱があります。

ディスカバーナウ

Haute horlogerie

それは、時間の限界に挑み、既成のルールを覆すための終わりなき果敢なアドベンチャーを意味します。新たな達成は、オート オルロジュリーにおけるマニュファクチュールの斬新なアドベンチャーの証明と言えます。

ディスカバーナウ

環境と社会的責任へのコミットメントは、ブランドの展開戦略の重要な要素です。私たちは、「海」を確実に守るために優先的に行うべき行動を定めたSDG 14に力を注いでいます。

ディスカバーナウ
他の人がもっと先へ行くところで、私たちは流れに逆らいます。他の人が先のことを考えるところで、私たちは枠にとらわれずに考えます。他の人が革新するところで、私たちは新たに考え出します。 

店舗を探す

お近くのブティックまたは正規販売店を検索してください。

店舗検索機能
Localize
あなたは ()にいるようです。
現在地を更新しますか?
閉じる 適用
WeChatDesktop WeChatMobile